ホーム最新情報

最新情報

一般個人会員を募集しています!

2019年07月19日

日本有機農業普及協会は体制が整ってまいりましたので、本格的な会員募集をはじめます。

年会費:1万円/1人/1年
(年度は5月1日~翌年4月30日までです)

会員申し込みはこちら
https://www.jofa-blof.net/blof-2019-9-1

会員特典:
BLOF栽培をマスターするための技術情報の提供
※ 自主学習を支援するツールとして

技術情報の提供方法:
①会員専用HPが閲覧できるパスワードの発行
②セミナーの参加費割引
③作物別部会への登録(作物別技術情報の提供)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Ⅱ.BLOFerによる社会貢献を4つ

私たちは誰もが食べないと生きていけない。だから農産物をつくる農業という仕事は、社会を支える最も根本的な仕事です。その根本がもしダメなら、社会も釣られてダメになるだろうし、その土台がしっかりしていれば、その上に構築される社会もしっかりしたものになる。だから、農業はいつも「いい仕事」をしなければならない。BLOFは農業のパフォーマンスが最高になるためのオペレーションシステムと考えていただいていい。BLOF栽培技術を使い、品質の良い農産物を生産する農業者をBLOFerとよんでいます。

(1)「おいしい」で食べる人を幸せにする。

食に関わる人の多くが、その「おいしさ」で人を幸せにしようと努力している。だから、素材をつくる私たち農業者が「おいしい」を諦めてはいけないと思う。「まずい」ものは人を幸せにしない。「まずい」ものは最終的に人を不幸にする。そのような場面に出会う度に、人間も生きものであるということを強く感じる。そして食べ物を扱う真の怖さを感じる。農産物の「おいしさ」は偶然ではなく、必ず、きちんと「おいしい」に至った必然的な理由がある。その理由がわからないと「おいしい」には、なかなかたどり着けない。逆に「おいしい」への道を知っている人は、迷わず最短距離で「おいしい」へたどり着くことができる。

BLOFは炭水化物重視の栽培技術です。甘さ、旨さ、コクがあるなどの味の原点であるブドウ糖を、作物に効率的にたくさん作らせる技術がBLOFです。「おいしさ」を生み出す道を知っている、それがBLOF栽培です。

(2)栄養価の高い農産物つくりで食べる人の美と健康を支える。

安いものしか買わない人は、けして絶滅しない。そういう人は、絶対に何割かは存在し続ける。それをニーズと思って「安さ合戦」に参戦してはいけません。究極の安さは、結局のところタダなのだから。価格というのは、需要と供給で決まるというけれど、経営学者のドラッカー氏は、生産された物やサービスによって、どれだけ人に感謝されたか、その貢献度で価値が決まるといっている。社会のニーズを満たすことで、ユーザーに感謝される。当たり前のことですが、意外と難しいものでもあります。私たちが行っていかなければならないことは、私たちのつくる農産物が、いかに人びとに感謝され、貢献することができるのか?その貢献の仕方というところを考え続けることができるかどうかではないでしょうか?

BLOFは炭水化物重視の栽培技術。作物の光合成能力を最大限にまで高めることで、ビタミンなどの栄養成分の多い農産物をつくることができる。栄養価の高い農産物つくりができることで、食べる人の健康維持に貢献できる。私たちが野菜を食べる理由。それは野菜に含まれるビタミン・ミネラル・食物繊維といった栄養素が、私たちの健康維持に絶対的に必要だから。だから野菜を食べる。野菜の持っている抗酸化力にも注目したい。細胞の酸化・老化を抑制するビタミン類やミネラルの総合力。野菜を食べることで美しくなることができる。BLOF生産者さんが増えた暁には、日本人の美貌は、高い土づくり技術によってつくられた、日本の野菜によって支えられているといいたい。

(3)農業を豊かにすることで、社会を豊かにする

日本の田舎は、今、岐路に立っています。人口は減り続け、住んでいる人の高齢化も進んでいる。現在ある自治体の半分が、あと数十年で、人口減少で存続が困難になるという予測まであります。都会の人を田舎に呼び戻す必要があると多くの地方自治体が考えていますが、最大の問題点は、仕事と働く場を作り出すことが難しいこと。田舎の基幹産業はやはり農業や林業。このすでに基盤のある農業や林業を復興させることが仕事つくりの一番の近道。それを行うのに、実は有機農業はかなり有望なのです。有機栽培は有機物を積極的に肥料として使う農業であり、有機物資源の豊富なところで栄えるという法則があります。「セルロースを制したものが、有機農業を制することができる」のだから、勝機は、田舎にこそあるのです。

BLOFは炭水化物重視の栽培技術。BLOF栽培では、セルロースのものならなんでも農産物をつくるための肥料にすることができる。木材も竹もススキも肥料にできます。山を資源として田畑を営み。土壌を豊かにすることで、水を守ることもできます。森を建築資材を生産する場とするだけでなく、有機質資源を得る場とすることで、森は豊かになります。森が豊かになると川も海も豊かになる。

(4)青い地球を守る・有機農業技術者による環境再生をめざす

私たちの暮らしは、衣食住はすべて、自然のめぐみの上に成り立っています。希少な動植物を守るためにサンクチュアリをつくることは、ととも大事だが、私たちの暮らしを支えている身近な自然生態系を守ることも、また同じくらい重要なことといえる。暮らしのすぐ隣にある私たちの暮らしを支えている身近な自然生態系を守るためためのノウハウは、BLOF栽培技術の延長線上にある技術であるということができます。私たちは、この地球の上で生きていかなくてはいけないと覚悟を決めて、これまでに壊してしまった森林や海の生態系を再生していくことも考えていかなくてはいけない時を迎えています。

BLOFは炭水化物重視の栽培技術。植物が光合成をしてブドウ糖を生産することで成り立っている生態系を基盤に、その基本法則から逸脱することなく、生産力を向上させようとするBLOF栽培技術は、生態系を再生させるために必要な技術や知識の基礎となります。身の回りの自然生態系に適切に働きかけて、自然のめぐみを豊かにし、暮らしを豊かにする。一度、壊れてしまった生態系を、もとの状態に回復させる。そのような仕事にBLOF有機農業技術者の活躍の場が広がっていくと期待しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆栄養価コンテスト募集要項はこちらから
http://www.jofa.or.jp/news/entry-193.html

今、先進国では、どことも医療費が国家財政を圧迫し、病気にならないように、日々の食を通じて健康を維持する「予防医学」の方へ大きく舵をきりはじめています。日々の食べるというあたりまえのことで健康を維持する社会。その実現のためには、農業者が栄養価の高い農産物を安定生産する技術を学び身に付けることが不可欠と考えています。農業者の新たなる社会貢献の方法として、ぜひ、栄養価の高い農産物つくりという農業を考えてみていただきたいと願っております。

日本有機農業普及協会は「栄養価の高い野菜つくり」をテーマとした短期集中講座を9月に神戸で予定しています。
どのような土つくり・栽培方法によって「栄養価の高い野菜つくり」は可能なのか?その技術について解説します。

◆BLOFセミナーin大阪(7月28日(日)梅田DTビル地下1階パソナグループ研修室)
http://www.jofa.or.jp/news/entry-194.html

◆BLOF栽培技術・短期集中講座in神戸 (9月14日、15日、21日、22日、28日、29日の土日6日間、兵庫県民会館1201号室)
http://www.jofa.or.jp/news/entry-192.html


一般個人会員の募集をはじめました!

2019年07月19日

日本有機農業普及協会は体制が整ってまいりましたので、本格的な会員募集をはじめます。

◆年会費:1万円/1人/1年
(年度は5月1日~翌年4月30日までです。)

◆会員申し込みはこちら
https://www.jofa-blof.net/blof-2019-9-1

◆会員特典:
BLOF栽培をマスターするための技術情報の提供
※ 自主学習を支援するツールとして活用してください。

◆技術情報の提供方法:
①会員専用HPが閲覧できるパスワードの発行
②セミナーの参加費割引
③作物別部会への登録(作物別技術情報の提供)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Ⅰ.はじめにBLOFの強み(魅力)を4つ

(1) BLOF栽培は有機栽培の弱点を克服した最新の有機栽培技術であるということ。

有機農業には3つの弱点があります。1つ目は、初歩的なことですが、有機物を土中で腐敗させてしまうこと。わたしたちが腐敗したものを食べたとき、お腹を壊し、ひどい腹痛に襲われたり、もっとひどい場合には死んでしまうことがあるように、作物の根も腐敗したものを吸収した細胞は死んでしまいます。よって、有機栽培にとって、極めて重要なことは、有機物を腐敗させずに、必ず発酵させることです。2つ目の弱点は、この発酵によってもたらされます。有機物を発酵させて得られたアミノ酸や有機酸は、作物の生長を助けるだけでなく、これらの酸は、土中のミネラルをよく溶かし、ミネラルの吸収をよくします。結果、非常に品質の良いものが収穫できるのですが、土壌中のミネラルはどんどん減っていきます。この減り方が分かれば、減った分だけ足してやれば、持続的に安定して品質のよいものを収穫できるのですが、ミネラルの減りが理解できてないと、ミネラル欠乏を招き、病害虫に遭いやすくなったり、急に品質が落ちたり、収量が減ったりしてしまいます。3つ目は、堆肥の質です。堆肥は圃場にもっともたくさ入れるものです。この質が悪いと畑の作物はボロボロになってしまいます。土壌の団粒化が不足して、作中に土壌が締まってきたり、栄養成分に大きな偏りがあったり、堆肥の中に病原菌がいたりということもあります。

BLOF栽培は、この有機農業の弱点を克服するための技術体系です。①発酵菌を活用しアミノ酸で窒素を作物に供給し、細胞づくりを増進。②ミネラル欠乏を防止するために土壌分析を行い、栄養成分のバランスを最適化するために施肥設計を行い。③堆肥はきちんと配合し、適切に発酵させて、酸性の状態を保った中熟堆肥を使い、太陽熱養生処理をすることで、土壌の団粒化を促進し、養分を吸収するための根の増えるように、水分と酸素の量を最適化します。

有機農業の長い歴史の中で、諸先輩方が挑戦し克服してきた技術を集大成しています。ゆえに、これから有機農業を始める方はとてもラッキーと言えます。舗装されたまっすくの道を走ることができるのだから。

(2)BLOF栽培は炭水化物重視の栽培で、おいしい・高品質・高栄養価・安定生産と多収穫を両立させることができる。

作物が生長する基本は、「光合成によって炭水化物をつくること」につきます。光合成によって二酸化炭素と水と太陽エネルギーから生成されるブドウ糖。このブドウ糖が基本の原料となって、タンパク質の基のアミノ酸も、体を支える繊維の外壁の基のセルロースも、作物が生きていくためのエネルギーもつくられています。

BLOF栽培は、①光合成を行うのに必要なミネラルをバランスよく施肥し、光合成能力を増進します。②窒素を炭水化物付きのアミノ酸で供給し、アミノ酸合成に使われるブドウ糖を節約し、生長を促進させます。③天気が悪いと太陽エネルギーが不足して生育が悪くなりますが、堆肥を工夫することで、水溶性の炭水化物を根から吸収させて、光合成能力を補い安定生産します。

(3)農業を「理科」に戻す。科学的・論理的なアプローチで確かな再現性

農業は作物と人間の共同作業です。人間にできることは作物が育つ環境を整えること。つまり田畑の土をつくること。作物は与えらえた土壌環境に応じて良くもなるし、悪くもなります。つまり、種をまくまでが農業者の仕事。種をまいたら、そこからは作物の仕事ということができます。農業は自然を相手にしますが、自然に飲まれてしまってはダメです。自然のメカニズムを徹底的に熟知し、変わることない自然の法則をうまく利用して、目的の結果を確実に得る。農業は学校の科目でいうと「理科」です。ひとたび理科だとわかってしまえば、農業という仕事は「プログラミング」であることがわかると思います。あくまで科学的・論理的なアプローチをしていかないと、確かな再現性は得られません。BLOF栽培は、作物別に、高品質・多収穫・おいしい・栄養価も高く・病気知らずの安定生産できるという結果が得られるように作業手順を「プログラミング」したものです。

(4)持続可能性・環境保全はあたり前、有機栽培のテーマを食べる人の美と健康を守るものにしていきたい。

化学合成農薬と化学合成肥料を使わない有機栽培は、環境負荷が少ない地球にやさしい農業と位置づけられています。地球は有限であることを知ってしまったこれからの社会において、環境負荷が少なく持続可能性の高い農業でない産業は次第に淘汰されていくことででしょう。地球にやさしいだけでは、あたりまえすぎて、人生をかけるには物足りないのです。

BLOF栽培は、もっと「野菜を食べる理由」に注目し、「なぜ野菜を食べないといけないのか」を問い直します。その答えは、野菜が、その含まれている栄養成分、ビタミン・ミネラル・食物繊維などによって、「食べる人の健康を支えるもの」だから、これが野菜を食べなければならない理由といえるでしょう。先進国の多くで、医療費が増大し財政を圧迫し、深刻な問題となってきています。そこで病気にかからない予防医学の観点に注目が集まっています。日々食べるものに気を配ることで健康を維持し、病気にならないようにする。これがこれからの社会に必要なテーマになっていくことでしょう。ならば、食べるものをつくる農業者にとっても、避けては通れない道と考えます。

日本有機農業普及協会(JOFA)は、栄養価コンテストを毎年開催しています。どのような栽培方法によって作られた農産物が栄養価が高くなるのか?を明らかにしようという取り組みです。作物別に栄養価の高い順に並べてみて、栄養価の高い農産物を作っている人に、どのような栽培方法なのかを教えてもらう。これを繰り返すことで、栄養価の高い農産物の作り方を確立しようと考えています。そして技術的確立したものから順に、BLOF栽培の中で随時公開していっています。BLOF栽培は、常に進化もしているのです。

栄養価コンテストに、もっと多くの農業者の方に参加してもらいたい。それは「栄養価が高い農産物つくり」というテーマを持つことが、農業という産業がこれから発展していくための「成長のエンジン」になると考えているからです。「日本の農産物は土づくり技術のレベルが高いので、栄養価が高い」と世界中に知ってもらいたい。食は、「豊かな自然環境を維持できている日本にはかなわない」と世界中の人に思ってもらいたい。そんな未来をつくっていきたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆栄養価コンテスト募集要項はこちらから
http://www.jofa.or.jp/news/entry-193.html

今、先進国では、どことも医療費が国家財政を圧迫し、病気にならないように、日々の食を通じて健康を維持する「予防医学」の方へ大きく舵をきりはじめています。日々の食べるというあたりまえのことで健康を維持する社会。その実現のためには、農業者が栄養価の高い農産物を安定生産する技術を学び身に付けることが不可欠と考えています。農業者の新たなる社会貢献の方法として、ぜひ、栄養価の高い農産物つくりという農業を考えてみていただきたいと願っております。

日本有機農業普及協会は「栄養価の高い野菜つくり」をテーマとした短期集中講座を9月に神戸で予定しています。
どのような土つくり・栽培方法によって「栄養価の高い野菜つくり」は可能なのか?その技術について解説します。

◆BLOFセミナーin大阪(7月28日(日)梅田DTビル地下1階パソナグループ研修室)
http://www.jofa.or.jp/news/entry-194.html

◆BLOF栽培技術・短期集中講座in神戸 (9月14日、15日、21日、22日、28日、29日の土日6日間、兵庫県民会館1201号室)
http://www.jofa.or.jp/news/entry-192.html


BLOF普及セミナーin大阪 おいしさを生み出すチカラをあなたに

2019年06月15日

おいしさを生み出すチカラをあなたに
BLOF普及セミナーin大阪

BLOFはBio Logical Farming(バイオロジカルファーミング)生態系調和型農業理論のこと。堆肥を積極的に活用する有機栽培において、高品質・高栄養価・多収穫・安定生産を実現する栽培理論です。この栽培理論が学べるセミナーを開催します。どうぞご参加ください!

どのように土つくりをしたらよいのか?どのように水管理をしたらよいのか?どのように作物を栽培したらよいのか?科学的根拠に基づいて、有機栽培において、高品質・高栄養価・多収穫・安定生産を実現するためのメカニズムを学ぶことができます。小学校からずっと学び続けてきた「理科」という科目が、まるごと農業をするための基礎知識であったということを知って、驚くことでしょう。そして、「なるほど!」と納得がいくと思います。これから農業をやってみたいとお考えの方、有機栽培へチャレンジしてみようとお考えの方、このセミナーをお見逃しなく!

①内容:高品質・高栄養価・多収穫を実現するための
    メカニズムを解説/炭水価物重視の栽培技術
②講師:小祝政明氏(一般社団法人日本有機農業普及協会・代表)
③日時:7月28日(日)午後1時~4時30分
④場所:梅田DTビル地下1階パソナグループ研修室
   【〒530-0001 大阪府北区梅田1-10-1】
⑤参加費:5,000円/1人
⑥お申し込みをお願いいたします。
下記のHPの「参加申し込みフォーム」よりお申し込みができます。
https://www.jofa-blof.net/blof-in-7-28

主催:一般社団法人 日本有機農業普及協会(JOFA)
共催:株式会社パソナ農援隊
お問い合わせ先
●TEL: 080-9832-0785 (担当:石原まで)
●Eメール:blofnakamura@gmail.com

※ 講師紹介:小祝政明氏
一般社団法人日本有機農業普及協会(JOFA)代表
農産物のおいしさは、その植物の生命力の強さに由来する。ほんとうに良い農産物を生産するには、自然生態系のメカニズムや植物生理を無視しては成り立たない。自然生態系を真摯に学び、それに調和し、再現可能な科学的なアプローチで確実に栽培する。そのような農業理論で日本の未来を担う有機農業者技術者を育成していきたいと考えている。


栄養価コンテスト2020 夏季募集開始のお知らせ

2019年06月10日

一般社団法人 日本有機農業普及協会
栄養価コンテスト2020 2019年夏季の参加者募集中です。

1.目的
人の健康を支えることができる栄養価の高い農産物を安定的に生産できる技術を確立する。そのために、さまざまな作り方をした多くの農産物を集めて、栄養価に順位をつける。成績が悪かった方は、成績上位の方に教えてもらうことで、改善していくことができる。これを繰り返すことで、日本の農産物の栄養価を底上げしていく。そして近い未来に、農業者の社会的使命が「人の健康を支えること」であると胸を張っていえるようにしていきたい。

2.募集期間
夏季 2019年6月15日~2019年8月15日 

3.参加可能
農産物 米・野菜・果樹(有機栽培・慣行栽培・土耕・水耕・高設栽培の区分は問いません)
※ただし、茶葉でコンテストに参加される方は、お手数ではございますが、ご参加の前に検査機関「㈱メディカル青果物研究所(デリカフーズ㈱グループ)」まで、ご相談ください。

4.検査項目
①硝酸イオン ②糖度 ③ビタミンC ④抗酸化力 ⑤食味試験
※玄米につきましては、硝酸イオンおよびビタミンCの代わりに、タンパク含有量と水分量を検査いたします。

5.参加方法
別紙の「参加申し込み用紙」と「サンプル情報記入用紙」に必要事項をご記入の上、FAXまたはメールで下記に送ってください。
FAX:088-603-1091  
メール:blofnakamura@gmail.com

6.参加費用
1検体あたり15,000円(税込)
参加申し込み用紙の送付後に、下記に検体数に応じて代金をお支払いください。

株式会社ゆうちょ銀行
●ゆうちょ銀行から振込む場合
【記号】11110 【番号】37550501
【口座名】シャ)ニホンユウキノウギョウフキュウキョウカイ
●他金融機関から振込む場合
【店名】一一八(読み イチイチハチ)【店番】118 【預金種目】普通預金
【口座番号】3755050
※ 検体の送付は、参加費の振込み後に行ってください。
※ 振込み手数料は、各自で、ご負担願います。

7.検体送付方法
① 検体は、参加費の振込みの後、下記へ送付ください。
〒 121-0073 東京都足立区六町4-12-12
㈱メディカル青果物研究所 分析担当:武井、服部、郷、永井 宛
TEL :03-3858-6158  FAX :03-3858-6159
② 検査機関の㈱メディカル青果物研究所へ「冷蔵宅配便」で、直接お送りください。
(送料は参加者様のご負担でお願いいたします。)
③ 検体農産物(米、野菜、果樹)の量は1検体あたり500g必要です。
④ 検体農産物(米、野菜、果樹)を送付の際に、検体農産物と一緒に記入済の「サンプル情報記入用紙」をお送りください。
⑤ 送付の際に、送られる箱に必ず「コンテスト参加」と記載をお願いいたします。

8.結果発表
① 個々の検体結果は㈱メディカル青果物研究所よりメールまたはFAXで送付されます。
② 栄養価コンテストの成績上位者は、2020年2月23日(日)に徳島県小松島市で開催予定の栄養価コンテスト結果発表イベントにて表彰されます。また、日本有機農業普及協会のHPなどを通じて公表されます。

9.お問い合わせ
一般社団法人 日本有機農業普及協会 栄養価コンテスト事務局
TEL:080-9832-0785(担当:石原) 
メール:blofnakamura@gmail.com (担当:中村)

10.参加申し込み用紙は下記よりダウンロードできます。

「参加申し込み用紙」と「サンプル情報記入用紙」の両方をFAXまたはメールで送ってください。





栄養価コンテストは、①糖度、②抗酸化力、③ビタミンC、④硝酸イオン、⑤食味の5つを調べて順位をつけます。自分のつっくっている野菜の栄養価が、どのあたりのものなのか?知ることができます。検査機関のメディカル青果物研究所には、これまでに調べられた豊富なデータを基に作られた平均値があり、これと比べることで、一般流通品の平均値も比較できます。


人参の栄養価をくらべてみた。抗酸化力の大きいものから順にならべてみました。栄養価の高いものから低いものまでさまざま。


栄養価コンテストは毎年、2月末~3月に1年分の結果発表をおこないます。
2020年は2月23日(日)に徳島県小松島市のミリカホールでおこう予定です。

栄養価コンテストの目的は、ひとことでいうと、栄養価の高い農産物の作り方の、その栽培ストライクゾーンを探ること。どのような栽培をすることによって、栄養価の高い農産物はできるのでしょうか?栄養価コンテストを通じて、集めれたデータを基に、栄養価の高い農産物を安定的につくる栽培技術を探っていきます。


栄養価コンテストの結果を、評価し検証し、栽培技術へ落とし込んでいき、実際に栽培して確認、栄養価の高い農産物の安定生産技術を確立していきます。


BLOF栽培技術短期集中講座2019年9月in神戸

2019年06月05日


BLOF栽培技術短期集中講座2019年9月in神戸

(1)開催日時:9月14日、15日、21日、22日、28日、29日の土日
(2)講義日程:午前10時~12時 (昼休憩60分)午後1時~4時半
(3)開催場所:兵庫県民会館 1201号室
(4)講師:中村隆宏(JOFA・BLOFインストラクター)
(5)参加費:6日間で6万円/1人
(6)参加申し込みは下記のお申し込み専用フォームよりお願いいたします。
https://www.jofa-blof.net/blof-2019-9

(7)6日間のカリキュラム(内容)

1日目 9月14日(土)
人の健康を支えることができる農産物つくり
生態系調和型農業理論(Bio Logical Farming)
有機栽培の弱点の理解とその克服技術
炭水化物重視の有機栽培・農業における有機栽培の優位性
①アミノ酸肥料(炭水化物付きの窒素肥料)で細胞つくりをUP
②ミネラル施肥で光合成能力をUP
③中熟堆肥を活用した太陽熱養生処理で根量をUP

2日目 9月15日(日)
有機栽培の肥料知識
①堆肥の使い方・堆肥の良し悪しの見分け方
②アミノ酸肥料の使い方・発酵微生物の重要性
③ミネラル肥料の使い方・作の最後まで効かせる施肥方法

3日目 9月21日(土)
高品質・多収穫を実現するための土つくり
中熟堆肥を活用した太陽熱養生処理技術
土壌団粒化促進技術

4日目 9月22日(日)
高栄養価栽培技術・硝酸窒素抑制技術
有機栽培における病害虫対策

5日目 9月28日(土)
土壌分析の仕方
簡易土壌養分検定器
富士平工業製「農家の医者さん」の使い方

6日目 9月29日(日)
施肥設計の仕方
ジャパンバイオファーム製「施肥設計ソフト」の使い方

これから農業をはじめようと考えられている方に最適な入門講座。有機栽培を行う上での基礎知識を、わずか6日間の集中講座で身に付けることができる。安心・安全はもはや当たり前、これからの農業に求められていることは「人の健康を支えることができる栄養価の高い農産物」それをどのようにして? 有機栽培は実現しているのかを解説。栄養価の高い農産物づくりは、高品質・多収穫で病害虫害を出さない健康体の農産物づくりでもあり、安定生産・安定経営への近道でもある。


このページの先頭へ